MOS試験

MOS試験で時間が足りないのはなぜ?時間を余らせて見直しまでできる方法を解説

MOS試験で時間が足りないのはなぜ?時間を余らせて見直しまでできる方法を解説

MOS試験の時間は足りるもの?時間内に全ての問題の回答できない

MOS試験の時間は足りるもの?時間内に全ての問題の回答できない

MOS試験を受験するうえで、とても重要なことは時間管理でしょう。

MOS試験はどの科目も共通して50分となりますが、問題数は受験するたびに変わるためです。

そのため時間配分が上手くできないと、時間が足りないといったことになってしまいます。

皆さん様々な試験を経験してきたと思いますが、最後の問題まで目を通せないのは、とても勿体ないですよね。

では実際のところ、時間が足りなくなるものなのか?お話しましょう。

MOS試験はどうすれば時間に余裕が持てるの?分からなかったら次の問題へ

MOS試験はどうすれば時間に余裕が持てるの?分からなかったら次の問題へ

MOS試験は時間は50分と決まっていますが、毎回出題される問題が違うため問題数も変わってきます。

平均30問くらいといわれていますが、問題数は前後するため「1問にかけられる時間を1分~1分半」と計算しておくと目安になるかも知れませんね。

全問通して1問1分を意識しておくことで、難しい問題に直面したときに時間に余裕を持って取り組むことができます。

30問だったときに時間が余るから勿体ないと思う方、余った時間は見直しに使いましょう。

MOS試験の問題を読んで解答までに時間がかかってしまう

MOS試験の問題を読んで解答までに時間がかかってしまう

あとは分からない問題に時間をかけるのではなく、諦めて次の問題に取り掛かるように進めることで最後の問題までたどり着くことができます。

最後の問題まで行くことが重要で、途中で下手に時間を使ってしまうと、あなたが解ける問題に解答することができないかも知れません。

それは勿体ないので、分からなかったら諦めて一通り問題を見た後に解くのがMOS試験を合格するコツですね。

実際の解答方法は?プロが解説するMOS試験に合格する問題の取り組み方

実際の解答方法は?プロが解説するMOS試験に合格する問題の取り組み方

MOS試験は全ての問題を終えた後であっても、試験時間が余っていれば見直すことができます。

解答していく流れとしては、まずは解ける問題から解答していき、

  • 後から見直したい問題
  • 後からじっくり考えたい問題

があれば、チェックを付けておきます。

全問終了後に問題の一覧が表示されるため、チェックを付けておいた問題に対して余った時間で見直しや解答が可能です。

苦手な問題で時間を掛け過ぎてしまうことで、時間が足りなくなったりして解ける問題が解答できないと勿体ないですよね。

時間を有効に使うためにも「まずは解ける問題から解答」「時間がかかりそうな問題は後に回す」ことで、全問一通り進めてしまうのが有効な時間の使い方と言えるでしょう。

どうしたら問題が早く解けるの?全ての問題を飛ばすわけにもいかない

どうしたら問題が速く解けるの?全ての問題を飛ばすわけにもいかない

1問に対して時間がかかりすぎてしまう場合、どうしたら問題が早く解けるのでしょうか?一番確実な方法は事前に問題が分かっていることです。

出題される問題が分かっていれば、問題を見た瞬間に解き方が閃きます。

  1. 問題を読む
  2. 解き方を考える
  3. パソコンを操作して解答

この流れにかかる時間を短縮することで、すぐに解答ができるわけです。

そんなこと言っても、「出題される問題数も内容も毎回違うし無理に決まってるでしょ!」と思うかも知れませんね。

確かに毎回出題される問題は違いますが、出題傾向は大きく変わることはありません。

そこで重要な方法は模擬試験を繰り返し解くことで、出題される問題の傾向に慣れてしまうことが時間短縮のカギになります。

模擬試験を解き続けることで、2番の「解き方を考える」時間が圧倒的に短縮することができます。

手っ取り早くMOS試験に合格したければ、模擬試験を繰り返すだけで問題ありません。

いきなり模擬試験を見ても全く分からない人は?

いきなり模擬試験を見ても全く分からない人は?

いきなり模擬試験は無理な方も多くいて、問題文の意味もよく理解できないこともあるでしょう。

そんな方でもMOS試験に合格する方法はあります。

誰でも合格できる最終手段は

パソコン教室のMOS対策講座に申し込む

ことです。

個人レベルに合わせた内容でカリキュラムが進められるため、あなたの不得意な部分を徹底的に教えて貰うことができます。

基礎的な知識と操作を覚えることで基礎が固めましょう。それから模擬試験に挑戦することで、合格は間違いありませんよ。

MOS試験で時間切れにならないための方法まとめ

MOS試験で時間切れにならないための方法まとめ

MOS試験で時間が足りないと感じる方は、試験慣れしていない可能性がとても高いです。

試験慣れといっても何度もMOS試験を受験するということではなく、模擬試験を繰り返して解くことです。

同じ問題を何度解いても意味があるの?と思うかも知れませんが、とても効果があります。

MOS試験で重要なことは解き方を考えて、操作スピードですので、出題された問題に対して正しい操作をどれだけ早く解答できるかが重要になるからです。

中にはズルみたいな方法を取らずに、実力で合格したいと考える方もいるかも知れません。

ただ、模擬試験を繰り返しているうちに自然と復習にもなるうえ、操作が身につくことは間違いありませんよ。

まずは合格して資格を取ってから覚えても良いですし、考え方は人それぞれですよね。

基礎を固めたうえでMOS試験に合格したい

基礎を固めたうえでMOS試験に合格したい

合格するならその過程でパソコン操作の基礎も学びたい方も、意外と多いのも事実。

パソコンを触ったことがなくて、本当に言葉や操作が分からなければパソコン教室に通うことが一番ですね。

意外と安い講座でもキッチリと教えて貰うことができますよ。

-MOS試験

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」