オススメ

Excel

エクセルのYEAR関数の使い方は?日付から年を取り出す方法を解説

 

YEAR関数ってなに?日付データから年を取り出す関数

 

 

エクセルのYEAR(イヤー)関数は、日付データから「年」を取り出す関数です。

 

エクセルに入力されている日付は、「2021/11/22」などといった感じで入力しますよね?

 

YEAR関数は、指定した日付から「年数」のみ取得するため、「2021」と表示することができます。

 

当然ですが、似たような関数として、指定した日付から「月」を取り出すMONTH関数や「日」を取り出すDAY関数があります。

 

今回はYEAR関数の使い方を解説しますので、ぜひ覚えてみましょう!

 

YEAR関数の使い方は?書式と引数を解説

 

 

YEAR関数は指定した日付データから、年数を取り出す関数です。

 

使い方は簡単で、「年」を取り出したい日付データを引数として指定します。

 

それではYEAR関数を使うため、引数について解説しますね。

 

YEAR関数の書式

 

YEAR関数の書式はこちらです。

 

ココがポイント

YEAR(シリアル値)

 

YEAR関数に引数について解説します。

 

ポイント

・「シリアル値」には、日付データを指定します。

・「1900/1/1」より前の日付を指定すると、エラーとなります。

・「2021/2/30」のような存在しない日付は、エラーとなります。

・YEAR関数が扱える最小の日付は「1900/1/1」です。

・YEAR関数が扱える最大の日付は「9999/12/31」です。

 

YEAR関数を使うには?実例を使って解説

 

 

関数を使うための基本的な操作は、「関数の挿入」を使うことになります。

 

関数の挿入を使ってYEAR関数を使うには、タブの真下にある「fx」をクリックする必要があります。

 

キーボードから直接入力することも可能ですが、まずは関数の呼び出し方や使い方に慣れることを優先しましょう。

 

関数の挿入からYEAR関数を選択

 

関数の挿入からYEAR関数を使って、日付データの表示を変更してみましょう。

 

関数を使う前の準備として、B列に日付データを表示しました。

 

 

ポイント

1.C5セルをクリック

2.「fx」をクリック

3.関数の検索をしましょう。

 

 

YEAR関数の検索方法として

 

ココがポイント

・「関数の検索」に「YEAR」を入力して検索

・「関数の分類」に「日付/時刻」を選択

 

 

どちらかの方法を使うことで「関数名」に候補となる関数の一覧が表示されますので、「YEAR」を選択してOKボタンを押します。

 

YEAR関数の引数の設定

 

YEAR関数の引数の画面に移動しましたら、関数の引数には以下の値を設定しましょう。

 

・「シリアル値」に「B5」を入力

 

 

YEAR関数を使うことで、「2021/11/22」の日付データを引数として指定して、年の「2021」を取り出すことができました。

 

 

YEAR関数の引数を間違えた!存在しない日を指定したらどうなるの?

 

 

YEAR関数は日付データから、「年」を取り出すことができることは理解して頂けたと思います。

 

実は、YEAR関数が扱える日付の範囲は「1900/1/1」から「9999/12/31」です。

 

この範囲は、エクセルが日付データとして認識できる範囲になるからです。

 

そのため「1899/12/31」を入力した場合、エクセルが文字データとして判断するため、シリアル値ではないためエラーとなります。

 

「10000/1/1」も同様に文字データと判断されるため、エラーとなります。

 

ココに注意

・「1899/1/1」の日付データ:「#VALUE!」を表示

・「1900/1/1」の日付データ:「1900」を取得して表示

・「9999/12/31」の日付データ:「9999」を取得して表示

・「10000/1/1」の日付データ:「#VALUE!」を表示

 

日付データと判断されない場合は、「#VALUE!」といったエラーになるため、日付の範囲は注意しておきましょう。

 

ここで気になるのが、日付データとシリアル値ってなんでしょうか?ということ。

 

次にシリアル値について解説します。

 

シリアル値ってなに?シリアル値から日付を計算

 

シリアル値は日付を計算処理するために、エクセルで管理されている数値です。

 

エクセルの日付は「シリアル値」から計算されて、日付データに変換されて表示されています。

 

ココがポイント

・「1900/1/1」のシリアル値:1

・「9999/12/31」のシリアル値:2958465

 

そのため、「1」~「2958465」の範囲外のシリアル値は、日付データに変換することができません。

 

このような変換がされているため、この範囲外の日付はエラーになってしまうわけですね。

 

シリアル値をもう少し詳しく知りたい!

 

シリアル値から日付データに変換する方法があります。

 

シリアル値をセルに入力し、右クリックして、「セルの書式の設定」→「表示形式」にある「分類」の設定を「標準」→「日付」に変更すると日付データに変換されますよ。

 

ココがポイント

・シリアル値「1」は「1900/1/1」に変換

・シリアル値「2」は「1900/1/2」に変換

・シリアル値「367」(うるう年のため)は「1901/1/1」に変換

 

このような感じで、シリアル値を加算していくと、日付が変更されていきますよ。

 

エクセルのYEAR関数まとめ

 

 

Excel(エクセル)のYEAR(イヤー)関数を使うことで、日付データから年数を取り出すことができました。

 

日付データの取り扱いは、パソコンやエクセルを使う人には知っておいた方が良い内容です。

 

日付はシリアル値を元にして計算されているため、YEAR関数で使える日付の範囲にも注意が必要でした。

 

今回ご紹介した YEAR 関数は簡単に使えますので、まずは使って見るところからはじめて下さいね。

 

練習用ファイルダウンロード

 

-Excel

© 2022 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」