Excel

エクセルのISERROR関数の使い方は?計算結果をエラー判定する方法を解説

ISERROR関数ってなに?セルの値や計算結果をエラー判定してくれる関数

Excel(エクセル)で計算式を扱っていると、一覧表で計算結果がエラー表示されることはありませんか?

 

エクセルのエラーというものは「#DIV/0!」や「#N/A」といった、こちらが意図しない表示がされてしまうことです。

 

ISERROR(イズエラー)関数を使うことで、セルの値や計算結果に対して、エラー判定することができます。

 

ISERROR関数の機能は?

 

ISERROR関数は、セルの値や計算結果をエラー判定する関数です。

 

ココがポイント

ISERROR:エラーの判定方法は、エラーの場合「TRUE」を返します。エラーでない場合は「FALSE」を返します。

 

エラーの種類

 

エクセルには様々なエラーがありますが、ISERROR関数がエラー判定できるエラーの一部についてご紹介しますね。

 

【テーブルを使用】

エラー表示  エラー内容
#DIV/0!   数式や関数が「0」または「空白セル」で割られている。
#N/A 計算や処理の対象となるデータがない。正式な結果が得られない。
#NAME?   エクセルの関数の名前が間違っている。
#NULL!     半角空白で空けた参照演算子の共通部分がない。
#NUM!     数値の指定が不適切。正当な結果が得られない。
#REF!   数式内で無効なセルを参照している。
#VALUE!    関数の引数の形式が間違っている。

 

ISERROR関数を使うことで、このようなエラーの判定ができます。

 

 

ISERROR関数とIFERROR関数の違いは?

 

ISERROR(イズ・エラー)関数と似た機能で、IFERROR(イフ・エラー)関数をご存じでしょうか?どちらも計算式などでエラー表示を回避するために使います。

 

今回ご紹介しているISERROR関数は、計算結果に対してエラー判定を行いますが、IF関数と組み合わせることで実践的な効果を発揮します。

 

そして、ISERROR関数+IF関数の機能を合わせたものがIFERROR関数です。

 

具体例として、「A1セル÷A2セル」の計算結果を「A3セル」に表示するとします。

 

A2セルに「0」が入力されていた場合、A3セルに「0」で割られたときのエラー「#DIV/0!」が表示されます。

このエラーを回避するために、ISERROR関数とIFERROR関数を使う例をご紹介しましょう。

 

ISERROR関数の例:=IF(ISERROR(A1/A2), "0", A1/A2)

 

IFERROR関数の例:=IFERROR(A1/A2, "0")

 

どちらも「A1セル÷A2セル」でエラーが表示される場合は、A3セルに「0」を出力します。

 

これだけ聞くと、IFERROR関数の方が便利ですよね?

 

実は、IFERROR関数はExcel2007から新しく追加された関数です。そのため便利に作られています(笑)

 

Excel2003以前に作られたデータでは、IFERROR関数を使うことができないため、エラー判定するためにはISERROR関数を使う必要があります。

 

重要なことは、ISERROR関数とIF関数を組み合わせたものが、IFERROR関数であると知っておくことですね。

 

IFERROR関数の使い方はこちらで解説していますので、併せてチェックしてくださいね。

【エクセルのIFERROR関数の使い方は?~のURL】

 

ISERROR関数の使い方は?書式と引数を解説

ISERROR関数を使うためには、引数を指定する必要がありますので、どのように使えばいいのかを解説します。

 

ISERROR関数の書式

 

ISERROR関数の書式はこちらです。

 

ココがポイント

ISERROR(テストの対象)

 

ISERROR関数に引数について解説します。

 

ポイント

・「テストの対象」はエラーになるか判定する数式やセルを指定

・判定結果がエラーになる場合は「TRUE」を表示

・判定結果がエラーにならない場合は「FALSE」を表示

 

それではISERROR関数を、実際に「関数の挿入」から使う方法でご紹介しましょう。

 

関数の挿入を使ってISERROR関数を使うには?

関数を使うための基本的な操作は、「関数の挿入」を使うことになります。

 

関数の挿入を使ってISERROR関数を使うには、タブの真下にある「fx」をクリックする必要があります。

 

関数の挿入からISERROR関数を選択

 

関数の挿入からISERROR関数を指定して、「0 で割り算している」ときのエラー判定を行います。

 

ポイント

1.C5セルをクリック

2.「fx」をクリック

3.関数の検索をしましょう。

 

ISERROR関数の検索方法として

 

ココがポイント

・「関数の検索」に「ISERROR」を入力して検索

・「関数の分類」に「情報」を選択

 

どちらかの方法を使うことで「関数名」に候補となる関数の一覧が表示されますので、「ISERROR」を選択してOKボタンを押します。

 

ISERROR関数の引数の設定

 

ISERROR関数の引数の画面に移動しましたら、関数の引数には以下の値を設定しましょう。

 

「0」で割り算することで、意図的にエラーを表示させる計算をします。

 

・「テストの対象」に「2/0」を入力

 

引数が設定されていることを確認してから、OKボタンを確定しましょう。

 

エラーの場合の「TRUE」が表示されることを確認

 

通常、エクセルで「2/0」の計算した場合、エラーの「#DIV/0!」が表示されます。

 

そのためISERROR関数を使って「2/0」を判定した結果、エラーとなるため「TRUE」が表示されました。

 

逆に「1+1」といったエラーとならない計算結果の場合は、「FALSE」が表示されます。

 

エクセルのISERROR関数まとめ

ISERROR関数の使い方について解説しましたが、セルの値や計算結果を判定できることが分かったと思います。

 

エクセルで用意されているエラーになる場合は「TRUE」を出力して、エラーとならない場合は「FALSE」が出力されました。

 

ISERROR関数は単体で使うより、IF関数と一緒に使うことで、計算結果がエラーの場合に別の結果を出力することができます。

 

ISERROR関数に似た関数として、IFERROR関数がありましたが、

 

ココがポイント

IFERROR関数はISERROR関数とIF関数を合わせたもの

 

でしたね。

 

仕事で上司やお客様に提出する書類をエクセルで作成するときに、あらかじめエラーの可能性のある数式に使うことで活躍する関数です。

 

まずはISERROR関数を実際に使い、結果を確認して使い慣れてみましょう。その次にIF関数と一緒に使うことで、ISERROR関数をマスターできるはずです。

 

エクセルのエラーの種類をチェックしておくことで、ISERROR関数の必要な場面がわかると思いますよ。

 

練習用ファイルダウンロード

-Excel

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」