Excel

エクセルのIFERROR関数の使い方は?エラーの値を指定した値にして表示する方法を解説

IFERROR関数ってなに?エラーの値を指定した値にして表示する関数

エクセルで一覧表を扱っているとき、一部の計算結果がエラー表示されることはありませんか?

 

調べてみると、値が入力されていないことが原因だとすぐにわかるはずです。

 

エクセルで作成した一覧表を印刷して提出する必要がある場合、「#DIV/0!」や「#N/A」があったら突っ込まれてしまうことも…。

 

実はIFERROR(イフエラー)関数を使うことで、エラーの値を別の指定した値に置き換えて表示することができます。

 

仕事でエクセルをよく使うのであれば、ぜひ覚えておくべき関数の1つです。

 

今回はIFERROR関数についてご紹介しましょう。

 

IFERROR関数の機能は?

 

IFERROR関数は、エクセルで用意されているエラーが表示された場合に、こちらで指定した値に置き換えて表示する関数です。

 

ココがポイント

IFERROR:エラーの場合に指定した値を返す。エラーでない場合は値をそのまま返す。

 

エクセルのエラーの種類

 

エクセルで表示されるエラーの一部をご紹介します。

 

エラー表示 エラー内容
#DIV/0! 数式や関数が「0」または「空白セル」で割られている。
#N/A 計算や処理の対象となるデータがない。正式な結果が得られない。
#NAME? エクセルの関数の名前が間違っている。
#NULL! 半角空白で空けた参照演算子の共通部分がない。
#NUM! 数値の指定が不適切。正当な結果が得られない。
#REF! 数式内で無効なセルを参照している。
#VALUE! 関数の引数の形式が間違っている。

IFERROR関数を使うことで、このようなエラーが表示されることを回避することができますよ。

 

IFERROR関数の使い方は?書式と引数を解説

IFERROR関数を使うためには、引数を指定する必要がありますので、どのように使えばいいのかを解説します。

 

IFERROR関数の書式

 

IFERROR関数の書式はこちらです。

 

ココがポイント

IFERROR(値, エラーの場合の値)

それではIFERROR関数に引数について解説します。

 

ポイント

・「値」はエラーになるか判定する数式やセル参照を指定

・「エラーの場合の値」は、「値」がエラーになるときに表示したい値を指定

・「値」がエラーにならない場合は、数式の結果を表示

 

 

それではIFERROR関数に引数について解説します。

 

 

ポイント

・「値」はエラーになるか判定する数式やセル参照を指定

・「エラーの場合の値」は、「値」がエラーになるときに表示したい値を指定

・「値」がエラーにならない場合は、数式の結果を表示

 

IFERROR関数を、実際に「関数の挿入」から使う方法でご紹介しましょう。

 

関数の挿入を使ってIFERROR関数を使うには?

関数を使うための基本的な操作は、「関数の挿入」を使うことになります。

 

関数の挿入を使ってIFERROR関数を使うには、タブの真下にある「fx」をクリックする必要があります。

 

関数の挿入からIFERROR関数を選択

 

関数の挿入からIFERROR関数を指定して、「りんご」の1個当たりの売上を計算する方法を解説します。

 

ポイント

1.E5セルをクリック

2.「fx」をクリック

3.関数の検索をしましょう。

 

IFERROR関数の検索方法として

 

ココがおすすめ

どちらかの方法を使うことで「関数名」に候補となる関数の一覧が表示されますので、「IFERROR」を選択してOKボタンを押します。

 

IFERROR関数の引数の設定

 

IFERROR関数の引数の画面に移動しましたら、関数の引数には以下の値を設定しましょう。

 

「りんご」の総売上を販売数で割り算して、1個当たりの売上を計算します。

 

・「値」に「C5/D5」を入力

・「エラーの場合の値」に「0」を入力

 

2つの引数が設定されていることを確認してから、OKボタンを確定しましょう。

 

「みかん」や「ぶどう」も同じようにIFERROR関数を使う場合は、E5セルをコピーしてE6,E7セルにコピーします。

 

エラーの場合の値が表示されることを確認

 

「みかん」の総売上と販売数は0になるため、「0÷0」の計算結果として「#DIV/0!」が表示されるはずでした。

 

IFERROR関数を使うことで、「エラーの場合の値」で指定した「0」が表示されたことが確認できましたね。

 

エクセルのIFERROR関数まとめ

IFERROR関数の使い方について解説しましたが、計算結果がエクセルで用意されているエラーになる場合、別の値で表示することができました。

 

今回は「みかん」の「1個あたりの売上」の計算で「0÷0」をした結果、エラーになる表示を回避したうえで、見た目も正しい結果が表示できたことが分かります。

 

このようなパターンはよくあることなので、仕事で上司やお客様に提出する書類を作成するときに活躍する関数です。

 

まずはIFERROR関数を実際に使ってみて、動きを確認しながら関数の使い方に慣れてみましょう。

練習用ファイルダウンロード

また、エクセルのエラーの種類をざっとチェックしておくことで、IFERROR関数の使用の有無が見えてくると思いますよ。

-Excel

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」