Excel

エクセルのCOUNTIF関数の使い方は?条件に一致するデータをカウント

COUNTIF関数ってなに?条件に一致するものを数える関数

エクセルで一覧表を扱っているとき、データを入力した後に集計するといった作業がありますよね。

COUNTIF(カウントイフ)関数を使うと簡単に集計することができるので、大幅な時間短縮と仕事の作業効率のアップが期待できます。

 

仕事でエクセルをよく使うのであれば、ぜひ覚えておくべき関数の1つです。

今回は集計で活躍するCOUNTIF関数についてご紹介しましょう。

 

COUNTIF関数の機能は?

 

COUNTIF関数は、COUNT関数とIF関数の2つの機能をまとめたようなもので、指定した範囲で検索条件に一致したセルを数える関数です。

ココがポイント

COUNTIF:指定した範囲に含まれる検索条件に当てはまるデータをカウント

 

COUNTIF関数は「関数の挿入」から呼び出して使うことができますが、直接セルに入力することも可能です。

 

 

COUNTIF関数の使い方は?書式と引数を解説

COUNTIF関数を使うためには、引数を指定する必要がありますので、どのように使えばいいのかを解説します。

 

COUNTIF関数の書式

 

COUNTIF関数の書式はこちらです。

ココがポイント

COUNTIF(範囲, 検索条件)

 

COUNTIF関数に引数について解説します。

 

ポイント

・「範囲」はカウントしたいセルの範囲を指定

・「検索条件」は検索したい「文字列」や「セル」の値、もしくは条件を「式」で指定

・文字列や式で指定するには「"」(ダブルクォーテーション)で検索条件を囲む

・複数のセルの範囲を指定する場合は「:」(コロン)を使用

 

それではCOUNTIF関数を、実際に「関数の挿入」から使う方法でご紹介しましょう。

 

関数の挿入を使ってCOUNTIF関数を使うには?

関数を使うための基本的な操作は、「関数の挿入」を使うことになります。

関数の挿入を使ってCOUNTIF関数を使うには、タブの真下にある「fx」をクリックする必要があります。

 

関数の挿入からCOUNTIF関数を選択

 

「りんご」の販売数を数えるため、関数の挿入からCOUNTIF関数を指定して、カウントする方法を解説します。

 

  1. E4セルをクリック
  2. 「fx」をクリック
  3. 関数の検索をしましょう。

 

COUNTIF関数の検索方法として

 

・「関数の検索」に「COUNTIF」を入力して検索

・「関数の分類」に「統計」を選択

 

どちらかの方法を使うことで「関数名」に候補となる関数の一覧が表示されますので、「COUNTIF」を選択してOKボタンを押します。

 

COUNTIF関数の引数の設定

 

COUNTIF関数の引数の画面に移動しましたら、関数の引数には以下の値を設定しましょう。

 

・「範囲」に「B5:B9」を選択

・「検索条件」に「"りんご"」を入力

 

注意点として検索条件に文字を入力する場合は、「"」でくくることを忘れないように!

 

2つの引数が設定されていることを確認してから、OKボタンを確定しましょう。

 

E4セルに果物名のリストに含まれる「りんご」の数「2」が表示されました。

 

 

エクセルのCOUNTIF関数まとめ

COUNTIF関数の使い方について解説しましたが、指定した範囲で「検索条件に当てはまるデータをカウント」することができます。

今回は指定した範囲から「りんご」という文字が何回あるか数えましたが、式を指定することも可能です。

 

例えば「100以上の数値」が何回使用されているか探したい場合は、検索条件に「">=100"」と入力します。

検索条件の注意点として、文字や式を入力する場合は、「"」でくくることを忘れないようにしましょう。

 

検索条件にセルに入力されている文字を指定する場合は、「B5」といった形でセルを指定すれば問題ありません。

セルを指定する場合は、「=COUNTIF(B5:B9,B5)」とします。

 

COUNTIF関数はとても便利な関数です。

まずはCOUNTIF関数を実際に使ってみて、動きを確認しながら関数の使い方に慣れてみましょう。

練習用ファイルダウンロード

-Excel

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」