仕事

大学生が就職活動で必要なパソコンスキルは?メールやオフィスの操作

就職活動でパソコンスキルは必要?仕事ではパソコンスキルが求められている

スマートフォンがあればすべて解決?実はパソコンが必要だった

スマートフォンがあればすべて解決?実はパソコンが必要だった

今のスマートフォンは色々なアプリが無料で利用できるため、わざわざパソコンを使う機会が減りました
では就職してからスマートフォンで仕事をするかというと、答えはノーです。

やはりスマートフォンでは不十分になることが多く、取引先に提出する資料やシステム開発などの業務では、パソコンを使う必要があります。
取引先とのやり取りでもパソコンを使った方がスムーズに行えるため、パソコンはどうしても必要なスキルですね

就職活動でパソコンスキルが必要なときって?面接やエントリーシートで活躍

就職活動でパソコンスキルが必要なときって?面接やエントリーシートで活躍

就職活動でパソコンスキルが必要なのか?と疑問に思われるかも知れませんが、面接でパソコンスキルがどのくらいあるか聞かれることがあります。

採用担当者としては入社後にパソコンを触る業務を任せようと考えていれば、パソコンの操作ができない人よりできる人を積極的に選びたいと考えています。
業務中にパソコン操作を説明しながらでは大変なので、その負担を減らしたいですね。

エントリーシートは企業側が用意していることもあり、入手するためにダウンロードやメールによる請求が求められるためパソコンを使う必要があります。

また、WEBを利用した試験などもあり、パソコンでないと受験ができないこともあるため、インターネット環境とパソコン操作をできるようにしましょう。

パソコンはどんな時に使うの?業務中や業務後に必要になることも

パソコンはどんな時に使うの?業務中や業務後に必要になることも

会社に就職して業務をする場合、パソコンを使う機会が増えてきます。

IT業界であれば当然パソコンを使って仕事をしますが、パソコンを使う仕事に就かなければどうでしょうか?

始めのうちは使うことはないかも知れませんが、管理職に就けば求められるスキルになります。
またパソコンを使わない仕事に就いたとしても、毎日の売上や進捗をパソコンで管理していたり、報告書作成などで使うことになるでしょう。

就職したら使うソフトは何があるの?オフィスやメールを使えるようになろう

就職したら使うソフトは何があるの?オフィスやメールを使えるようになろう

会社で使うソフトといえば、マイクロソフトのオフィスメール管理ソフトになります。
オフィスで代表的なものは3つです。

オフィスで必要なソフト

  • エクセル    :表計算ソフト
  • ワード     :文書作成ソフト
  • パワーポイント :プレゼンテーションソフト

メール管理ソフトは会社によって使うものが異なりますが、基本的な操作は変わりません。

1つのメール管理ソフトが使いこなせるようになれば、他のソフトであってもすぐに慣れることができます

無料で使えるメール管理ソフト

  • Sylpheed
  • Becky!
  • Thunderbird
  • 秀丸メール

これらのソフトは資料の作成や資料のやり取りで日常的に使用するもので、基本的な操作ができることが求められています
特にエクセルやワードは実際に操作することで、何ができるのかを知っておき、日ごろから慣れておくと良いですね。

OSはWindows?それともMacが良いの?基本的にはWindowsを使う人が多い

OSはWindows?それともMacが良いの?基本的にはWindowsを使う人が多い

OSが何かよく分からないという人もいるかも知れませんが、OSはパソコン全体を管理しているソフトになります。
パソコンを買うときにお店に行くと、OSはWindowsMacの2種類がありどちらが良いか迷いませんか?

OSによって得意な分野がありますが、デザイン系や画像や動画など扱う仕事をするならMacを、オフィスを使うのであればWindowsを選びましょう。

実際のところWindowsとMacの使用率を比べると、Windowsの方が圧倒的に使われています

各メーカーから販売されているパソコンはWindowsがほとんどで、初めてパソコンを購入する際に、特にこだわりがなければWindowsでいいでしょう
また、値段を抑えたいのであればWindowsの方が安いですね。

仕事で使うパソコンはWindowsが多いため、就職活動ではWindowsに慣れている方が良いでしょう。
就職した後に仕事で取引先への文書を作成したり、プレゼン資料を作成する場合はほとんどWindowsを使います。
Windowsに慣れておけば、仕事を始めた時にスムーズに取り組めるはずですよ。

OSの選び方

  • Mac  :デザイン系や画像や動画など扱う
  • Windows:エクセル、ワード、パワーポイントなど扱う

オフィスは使えた方が良いの?実は99%の企業で導入している

オフィスは使えた方が良いの?実は99%の企業で導入している

マイクロソフトのオフィスは覚えておくと、就職したときに絶対に役に立ちます。

社内や社外との資料のやり取りはワードの文書やエクセルの資料であったり、プレゼンテーションのデータはパワーポイントで作成します。
そのため会社で支給されるパソコンには、必ずオフィスがインストールされています。

オフィスは日本のみならず世界で普及しているため、海外の企業とやり取りがある場合でも使用します。

パソコンを使わない職種であっても文書を作るときに必要になるため、オフィスのスキルを会得しておいて損はありません。

もしパソコンを仕事で使うような職種に就きたいのであれば、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)を受けてみると良いでしょう。
オフィスが一定のレベルまで使えることの証明となるため、就職活動ではとても有利になりますよ。

パソコンスキルはどのくらいあれば良い?基本操作ができれば大丈夫

パソコンスキルはどのくらいあれば良い?基本操作ができれば大丈夫

就職活動ではメールの送受信などの基本操作に加えて、パソコンがある程度使えることが必要です。
またパソコンを使用した業務に就きたい場合は、パソコンスキルをチェックされることもあります。

パソコンの起動から終了方法、業務で使うようなオフィスは慣れておくと良いでしょう。
ワードによる文章の作成ではタイピング速度も求められるため、タッチタイピングができるようになることをおススメします。

事務職の仕事ではエクセルを使うことも多く、基本操作ができるとアピールポイントになりますよ。
エクセルの資格もありますので、挑戦することで必要な操作が覚えられるため良いかも知れませんね。

プログラマーやシステムエンジニアを目指すのであれば、最初に必要なスキルはプログラミングになります。
会社で働き始めてから覚えることになりますが、初めてだと苦労するとこになるため勉強しておくとプラスになりますよ。

言語がたくさんあってどれが良いか分からないと迷ってしまう場合は、自分がやってみたいと思うものを一つ選んでみましょう。
言語が違っても基本的な命令文は似ているため、一つの言語を理解することで他の言語にもすんなり入ることができますからね。
プログラムできると即戦力になりますので、採用の可能性も上がることは間違いないです。

どのレベルのパソコンスキルが必要になるかは、あなたが目指す会社がどんな仕事をしているかによります。

  • 事務職であればエクセルやワードが操作できると良いでしょう
  • IT企業では、あなたがプログラムを組むことができれば魅力的に映ります

全くパソコンと縁のない仕事であっても、資料や報告書の作成でパソコンに触れる機会はでてきますので、覚えておいて損はありませんね。

就職活動でパソコンの必要性のまとめ

就職活動でパソコンの必要性のまとめ

今回は就職活動でパソコンスキルが必要なのかを見ましたが、スキルがある方が良いことが分かりました。

パソコン選びではOSがWindowsのものを選択して、オフィスやメールが使いこなせると就職してから困りません。

職種によってはスキルが高ければ有利になりますので、あなたが目指す会社に合わせてスキルを磨いていくと良いでしょう。

あわせて読みたい

http://curio1.net/blog/office-work/pc-skill-level/

-仕事

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」