MOS試験

MOSエキスパートの勉強時間は?独学とパソコン教室でかかる時間を紹介

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の試験科目には、レベルが存在するのはご存じですか?

「一般レベル」と「上級レベル(エキスパート)」の2つに分かれます。

今回は、上級レベルに合格するためには、勉強時間がどのくらい必要になるのか?についてご紹介します。

当然、パソコンが詳しい人であればグッと時間の短縮は可能ですので、その辺りも含めて目安の時間が分かりますよ。

独学とパソコン教室では勉強時間が異なる?MOS資格の勉強時間の目安

独学とパソコン教室では勉強時間が異なる?

MOSエキスパート(上級)に挑戦しようと考えている方は、「どのくらい勉強したら良いの?」という不安を抱えています。

今回ご紹介するMOSエキスパートの学習に必要な時間は、一般的に50時間程度の勉強時間が必要だと言われています。

MOS合格者

上級レベルに合格するには50時間くらい勉強しました。

すべての出題範囲に対して勉強した場合の時間となりますので、基礎知識として知っている分野が多い人ほど時間は短縮されますよね。

勉強時間の目安は?

勉強時間の目安

  • エクセル、ワードが得意な人    :30~40時間
  • エクセル、ワードを使ったことある人:50時間前後
  • エクセル、ワードが不得意な人   :60~80時間

1日1時間勉強に割り当てた場合は2ヶ月、1日2時間で1ヶ月で準備が整うイメージです。

次にMOSの勉強方法は独学パソコン教室の2パターンで考えた場合、学習時間に差はあるのでしょうか?

この2つの違いについて、ご紹介していきますね。

独学の場合は?

独学の場合は?

パソコンが得意な人、オフィス(エクセル、ワード)を使ったことがある人は、独学を選ぶ傾向が高いです。

テキストに沿ってスムーズに勉強ができた場合は、45時間ほどで一通り理解ができるでしょう。

逆に問題の度に調べ物や操作で時間がかかってしまっていては、効率よく進むことができないため60時間以上を超えてくることもあります。

独学の勉強時間

  • スムーズに勉強が進めば45時間
  • 分からないところが多いと60時間以上

初めからエキスパートを合格できるレベルの知識を持っている人はいないため、分からない部分が必ず出てくると思います。

そんな壁にぶつかった時に、解決するまでに時間が結構かかってしまう人は多いです。

そのため壁にぶつかった回数が多い人ほど勉強時間が延びてしまうでしょう。

独学のメリットとデメリットは?

MOS資格の鉄板テキストを購入しても、それなりの時間をかけて出題範囲を網羅する勉強が必要なことは間違いありません。

独学のメリットはお金は大幅に節約することはできますが、あなたの知識レベルによっては取得までの時間がかかりすぎてしまいます。

一人で勉強する状況ではモチベーションにも影響するため、合格するための強い意志も必要になります。

パソコン教室の場合は?

パソコン教室の場合は?

パソコン教室では「MOS試験対策コース」を受けることになりますが、1日2,3時間の学習が20回以上あると考えておいてください。

そのため学習時間は45~50時間ほどかかるでしょう。

パソコン教室のメリットはMOS資格に合格するための学習方法が確立されているため、無駄なく安心して学習に打ち込める点でしょう。

また、スタート地点は人によって変わってきますが、個人のレベルに合った学習ができるため理解スピードが速くなります。

独学では分からない部分で悩んでしまうところをパソコン講師に質問できるため、スムーズに解決できるとこで勉強時間が少なくなりますね。

パソコン教室の特徴

  • 無駄な勉強の必要がないため安心して学習できる
  • 個人のレベルに合った学習ができる
  • 難しい問題は講師に質問できるため、時間の短縮ができる

独学とパソコン教室はどっちの方が良い?

独学とパソコン教室はどっちの方が良い?

独学とパソコン教室の違いが分かったところで、実際はどっちがいいの?と思いますよね。

まずあなた自身に問いかけてみて下さい。

自分への問いかけ

自分はパソコンが得意なのか?

と。

そうすれば何となく方針が見えてくるはずです。

パソコンに対する気持ち

  • 「得意だ!」:お金をかけずに独学を選択してください。
  • 「少し不安…お金をかけたくない」:時間をかけて独学で勉強すると良いでしょう。
  • 「少し不安…時間がない」:パソコン教室を選択肢として考えておくのが良いですね。
  • 「とても不安」:パソコン教室一択です。

パソコンが得意!独学が良い人の特徴

独学のメリットはお金は大幅に節約できることでしょう。

あなたの知識レベルが高くないと、合格するレベルになるまで時間がかかりすぎてしまいます。

自宅で勉強する状況では様々な誘惑や、モチベーションにも影響するため、合格するための強い意志も必要です。

そうは言っても人にはペースもあるため、自分でコツコツ進められる人は独学が良いですね。

「人に教えてもらいたくない人」「人と関わりたくない人」も中にはいると思いますが、そんな人も独学で自分が納得するまで勉強した方が良いとも言えます。

独学の場合どうすればいいの?

MOS資格の対策としては、試験対策用のテキストや問題集を使って勉強する方法がベストで、どの本も3,000円程度のため費用を抑えられます。

最新版の「MOS 365 & 2019」の参考書についてはこちらを参考にしてみてください。

 

パソコンが不得意?合格するにはパソコン教室をおススメ

パソコン教室のメリットは、分からない問題に当たったときにに、すぐに質問できる点でしょう。

話しながら学習した方が頭に入る人や、時間短縮して覚えたい人に最適ですね。

他にはパソコンが家にない人や、最新バージョンのエキスパートを受験したいけど家には旧バージョンのオフィスがインストールされている場合も有効です。

バージョンが違うエクセルやワードで勉強してしまうと、本番でメニューの位置や機能の違いで焦ってしまい実力が発揮できないこともあります。

パソコンに苦手意識はありませんか?

あとはパソコン自体に苦手意識が少しでもあるなら、パソコン教室をおススメします。

日常では使わないような専門用語が飛び交う試験になりますので、一つ一つ自分で解決するには膨大な時間がかかるでしょう。

またパソコンが得意な人もお金に余裕があり、教えてもらった方が楽しく学習できるのであればパソコン教室で効率よく学習した方が良いといえますね。

バージョンはどれを受けたら良いの?おススメしたいバージョン

バージョンはどれを受けたら良いの?おススメしたいバージョン

MOSエキスパートは「365&2019」「2016」「2013」とあるため、どれを受験したら良いのか迷うと思います

結論としては最新バージョンを選択した方が良いです。

自宅のパソコンに「365&2019」や「2016」がなくて「2013」や「2010」がインストールされている場合もあるでしょうが、目的を思い出してみて下さい。

仕事で長く使いたいのであれば、当然最新バージョンになります。

履歴書の資格欄でアピールをしたいのであれば、古いバージョンより新しいバージョンの資格の方が採用担当者のイメージが良いですよね。

バージョンで迷ったら最新一択!

特に理由がないのであれば、最新バージョンを選択した方が良いことが分かります。

自宅のパソコンに「2013」しかなくて自己研鑽のために受けるバージョンを迷っているのであれば、「2013」でも良いでしょう。

ただし「2010」に関してはおススメできません。2020年の3月末で終了予定なので、なくなってしまう資格を受けるのは勿体ないのが理由です。

※現在「2010」を受験することはできません。

MOSエキスパートの学習方法は?

MOSエキスパートの学習方法は?

これまで2つのパターンをご紹介しました。

「独学」と「パソコン教室」のどちらを選択しても、合格することはできるでしょう。

ですが「普段からエクセルやワードを使いこなしてるから勉強なんてしなくても合格できるでしょ!」という人は、合格できないと思います。

MOS上級レベルは、それだけ難しい試験であり、問題慣れしておかないと時間内に解ききれません

パソコンが得意であれば、ぜひ独学で勉強してみてください!合格できるはずです。

合格するための素晴らしいテキストがありますので、それをみっちりやり込んで準備すればいいだけですからね。

パソコンに苦手意識がある場合は?

MOS資格が欲しいけどパソコンが苦手と感じているなら、パソコン教室へ通いましょう。

パソコンの専門的な知識を持った講師が、あなたのレベルに合わせた学習プランを設計してくれます。

合格までのサポートも充実していますので、安心して学習に打ち込むことができるでしょう。

MOSエキスパートの合格を目標としていれば、独学でもパソコン教室のどちらでも構いませんが、本当に必要なことは合格の先にあるといえるでしょう。

エクセルやワードを使いこなして、取得したMOSの知識や技術を仕事などで発揮することであなたの評価は上がるはずですよ

MOSエキスパートの勉強時間のまとめ

MOSエキスパートの勉強時間のまとめ

今回ご紹介したMOSのエキスパートは難易度が高いため、実践レベルの学習が必要になります。

試験に合格するための勉強は必要ですが、それぞれの操作の意味を理解しないと使いこなすことはできません。

エキスパートを合格することで実力としては証明されますが、即戦力になるための実力も付けていくことを目指してみましょう。

また、MOSの上級レベル(エキスパート)は、Word(ワード)とExcel(エクセル)の2つありますが、どちらも難しいので自分に合った勉強の方法で一発合格を狙いたいところですね。

MOS試験で一番やってはいけないミスとして勉強時間が足りないため、回答速度が遅くて最後まで解ききれないことがないように問題慣れしておきましょう。

パソコン教室選びで迷っていませんか?

MOS資格は取得したいけど、「ユーキャンのような大手がいいの?」それとも「パソコン教室へ通えばいいの?」と迷ってしまうことはありませんか?

MOS資格の随時試験はパソコン教室で開催されているので、MOS試験会場となるパソコン教室へ通うことが、初心者の方にはおススメです。

 

キュリオステーション掛尾店では、生徒さんの希望するペースで無理なく進めるがモットーです。

分からない状態で突き進むと、分からないことが山積みになるので、その人に合わせたペースが最善だと考えています。

でも、ゆっくりマイペースでやりたい以外は目標決めて学習するようにしています。

富山市でMOS資格に興味のある方は、ぜひこちらをご覧くださいね。

-MOS試験

© 2021 富山 パソコン教室「キュリオステーション掛尾店」